腰椎分離症

腰椎分離症・すべり症で

「スポーツはもう諦めてください」と言われても

痛みを改善する方法があります。


成長期の腰の痛み。もしかすると腰椎分離症かもしれません


 

成長期の腰の痛みで困っている方はたくさんお見えになりますが、あなたは今までどんな改善策をされましたか?病院、薬、サポーター、コルセット、マッサージ、整体、カイロプラクテイック・・・



みき接骨院でも腰椎分離症・すべり症の施術を多く経験しています。
とくに小学校高学年や中学生で腰の痛みのある方はすぐにご来院ください。

専門医にご紹介もできます。

悩んでいないで安心してご来院ください。




✔ スポーツをすると腰が鋭く痛い。

✔ バットのスイングや投球時、サッカーのキックなどひねり動作で腰が痛い。

✔ バレーなどスパイクでジャンプして空中で反ったときなどに腰が痛い。

✔ 腰を反らせたり横に曲げると痛い。

✔ 腰から足先にかけて、ピリピリした痛みがある。

✔ 臀部の辺りが痛む。

✔ ももの外側の鈍い痛み(重苦しい、だるい)

✔ 長時間立っていたり座っていると腰が痛くなる。



□ 成長期(小学校高学年や中学生)に腰への繰り返しのストレス。

□ 腰に負担のかかる姿勢やフォームの悪さ。
 
□ かかと重心になり、踵からのドシンドシンという衝撃が腰に伝わりやすいため。(足裏の弱さ(外反母趾・内反小趾・浮き指・偏平足など)

□ 履物の問題(クツの選び方、履き方)

□ 先天性の骨癒合不全によるもの。



※腰椎分離症を放置すると・・・
分離症は、早い段階で適切な処置をすることで早期に回復することがほとんどですが、分離した脊椎にストレスのかかる状態を繰り返していると、すべり症に発展することがあります。


また、背骨を支えている椎間板に影響を与え、椎間板ヘルニアに移行することもあります。この場合シビレ感や重だるさなどを感じる場合があります。
そのため、できるだけ早期の治療をオススメします。

image1
image2
image3




腰椎分離症とは背骨の腰の部分に繰り返しの力が加わることによって疲労骨折を起こしていると考えられています。

骨の形成が未成熟な成長期の少年少女でスポーツをしている子たちに多く発生します。

完全な分離症があるかどうかは、レントゲンもしくはCT、MRIを撮影で判断されますが、

単純レントゲン撮影では発見されないことも多くあります。

近隣のクリニックでレントゲンを撮って異常なしと言われて、痛みが引かないために大きな病院に紹介したところ分離症が発見されたという事例も多いです。




完全に分離が完成して癒合が望めない場合は、患部の不安定性により炎症が起きていると考えられます。
運動中止が第一選択になります。

運動休止中は接骨院でのリハビリを積極的に行う必要があります。
分離しかけている状態、または分離したての場合は骨が癒合する可能性があります。

その場合も運動中止と接骨院でのリハビリが適応になりますが、
CTやMRIでの定期的な経過観察をしていくことになります。





【当院での施術内容】

〇痛みの強い場合は炎症を抑えるため「特殊電気療法」


〇背骨骨盤の位置関係を整え、神経の流れ血流をよくして回復力を向上させる「整体」
(症状に合わせてソフトにいたしますのでご安心ください)


〇背骨の一部分だけにに負担をかけない体の使い方を覚えるための「セルフケア」
image1
image2
 

5000円(初診検査料は+2000円)

※痛みの原因や負傷日がはっきりしている場合のみ健康保険が適用。

9回位を目安に施術プランを立てて様子を見ていきます。

痛みの強い場合は、最初のうちは来れる範囲で詰めてきていただいた方が良いです。
落ちついてきたら週に2~4回程度。

9回目の時点で、その後の様子を判断していきます。
長い人生を楽しくなるように一緒に施術をして、行きましょう。



お問い合わせ、ご予約は

052-893-0773

「腰椎分離症のページを見て・・・」とお電話ください。




==================
7歳 男性 M・Kくん
==================

【セルフケアの方法を教えてもらい、取り組んだことをほめてもらえて子供も嬉しそう!】

 ↓          ↓          ↓





腰の痛みがあり整形外科へ行きましたが原因不明。
知人の紹介で来院しました。
皆さん明るくてとっても元気。不安な気持ちもやわらぎました。
じっくり話をきいてもらって、説明も分かりやすくしてもらえました。
家でのセルフケアの方法を教えてもらい、家でもストレッチなど取り組めました。
そのことをほめてもらえるので子供も嬉しそうでした。
痛みはなくなりましたが、定期的に継続して通いたいと思います。


※ 「免責事項」患者さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。



電話のバナー
お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ