腰椎分離症

腰椎分離症

成長期の腰の痛み。もしかすると腰椎分離症かもしれません


 
とくにスポーツをしている少年少女に多く見られる成長期の腰の痛み。

ただの筋肉の痛みと思っていませんか?

もしかするとそれは大人になっても残る腰の骨の疲労骨折。

腰椎分離症かもしれません。



〇スポーツをしている未成年のお子様の腰の痛みが続いている。

腰痛で病院にかかり、レントゲンを撮って湿布をもらったが痛みが続いている。

この先もスポーツを続けていきたいのに腰痛持ちになってしまった。

学生時代にスポーツをしていて腰痛があったが、青年、中年になってから再発した。

病院で分離症かもと言われて安静を指示されたがとくに治療はされていない。
 いつ復帰できるのか、何をしたらいいのか知りたい。



成長期の腰の痛みで困っている方はたくさんお見えになりますが、あなたは今までどんな改善策をされましたか?病院、薬、サポーター、コルセット、マッサージ、整体、カイロプラクテイック・・・


みき接骨院でも腰椎分離症の施術をしています。

悩んでいないで安心してご来院ください。




小学校高学年~高校生でスポーツをしているお子様に腰痛がでた。または続いている。

運動や腰に負担をかける仕事をしたときに痛みが出る。

腰を反る動作、捻る動作、またはその両方で特定の場所に痛みがでる。

腰の特定の部位を圧迫したときに痛みが出る




腰椎分離症とは背骨の腰の部分に繰り返しの力が加わることによって疲労骨折を起こしていると考えられています。

骨の形成が未成熟な成長期の少年少女でスポーツをしている子たちに多く発生します。

完全な分離症があるかどうかは、レントゲンもしくはCT、MRIを撮影で判断されますが、

単純レントゲン撮影では発見されないことも多くあります。

近隣のクリニックでレントゲンを撮って異常なしと言われて、痛みが引かないために大きな病院に紹介したところ分離症が発見されたという事例も多いです。




完全に分離が完成して癒合が望めない場合は患部の不安定性により炎症が起きていると考えられます。

運動中止が第一選択になります。

運動休止中は接骨院でのリハビリを積極的に行う必要があります。

分離しかけている状態、または分離したての場合は骨が癒合する可能性があります。

その場合も運動中止と接骨院でのリハビリが適応になりますが、

CTやMRIでの定期的な経過観察をしていくことになります。



当院での治療内容としては

 〇痛みの強い場合は炎症を抑えるためHV治療

 〇背骨骨盤の位置関係を整え、神経の流れ血流をよくして回復力を向上させる(矯正)

 〇かたくなった筋肉を柔らかくするマッサージ

 〇背骨の一部分だけにに負担をかけない体の使い方を覚えるためのセルフケア





  初 回   6,000円
 2回目以降  4,600円
セルフケア指導 1,500円






お問い合わせ、ご予約は

052-893-0773

「腰椎分離症のページを見て・・・」とお電話ください。



お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ