HOME > 子育てママ応援メニュー > 仙腸関節痛

仙腸関節痛

仙腸関節痛

なかなか引かない腰痛・おしり周りの痛みを改善できます


 
座っている時や、仰向けで寝る時におしりが痛い。

長時間の同じ姿勢から動き始める時におしりに響いて動けない。

妊娠中~産後に痛みが出てきた…このような症状の方がたくさん見えます。

時間が経てば治ると思っていても、なかなか軽減しない痛みかもしれません。

骨盤サポーターやクッションで一時的に軽減しても0にはならないと悩まれていませんか?



みき接骨院でも仙腸関節痛、おしりの痛みの施術をしています。

毎日、少しでも痛みを感じている方は悩んでいないで安心してご来院ください。




❏座り姿勢でおしりが痛い

仰向けで寝ると骨が当たっている感じがする

硬い場所に座れない仰向けで寝られない

横向きで寝る時に痛い方を下にして寝られない

妊娠中~産後の痛みである

骨盤がガクガクする

長時間の座り姿勢が多い

骨盤サポーターが手放せない



痛みの場所は『仙腸関節』という部分です。

骨盤にあり、靱帯によって保たれている関節です。
(少し場所は違いますが一般の方は尾てい骨や尾骨というかもしれません)

座っている時や仰向けで寝ている時は、上半身や内臓の負荷が多く加わる関節です。

『不良姿勢』や『ぎっくり腰』が原因でより多くの負荷が加わり痛みが出ます。

男性に比べて女性の割合が多いのは、

女性ホルモンや妊娠・出産が深く関わっていると考えらます。

猫背で骨盤後傾の方も痛みが出やすい傾向にあると思います。





痛みの原因である仙腸関節の歪みを整える骨盤矯正をします。

全身の歪みを整え、姿勢を改善することにより、仙腸関節への負担を軽減します。

また、座り方や日常の姿勢、骨盤サポーターの活用法など、


再発しないための知識をお家で出来るセルフケアと共にお伝えしていきます。




 初 回  6,000円
2回目以降 4,600円
(別途 セルフケア指導料)






お問い合わせ、ご予約は

052-893-0773

「仙腸関節痛のページを見て・・・」とお電話ください。



お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ