【肋間神経痛】名古屋市緑区幹整体院

肋間神経痛


 
・肋骨に沿って痛みがでる

・肋骨が痛くて眠れない

・咳をするときや物を持ち上げると肋骨が痛い





その症状は
   
  肋間神経痛   

によるものかもしれません。



「痛み止めを飲んでる間は何とかなっても
だんだんと痛みが出てくる」


「一度おさまってもまた再発してしまう」

「何をしても痛いのでイライラして
家族に八つ当たりしてしまう」


そのような声を多く聞ききます。


あまり有名な症状では無いため、
痛みを他の人に理解してもらえなかったり

痛くても仕事や家事をしなくていけないので
我慢を続けたり・・・



そのような毎日と
さよならしませんか?



当院では肋間神経痛の治療もしています。


痛み止めを常に飲んでいる方。

いつ痛みがおそってくるか分からず不安な方。

二度と再発しないように根本治療をしたい方。



当院に問題解決のお手伝いをさせて下さい。


ここでは当院での治療方針について
記載させて頂きます。

お困りの方は
一度、当院にお越し下さい。

 

肋間神経痛の原因





症状の現れ方は人によって様々です。
肋間神経痛は

背骨からあばら骨に沿って激痛が
走る症状が多いとされています。



人によっては脇やみぞおちなどにも
痛みが出てきます。

肋間神経痛は肋骨に沿って走っている神経。
 
肋間神経が何らかの形で障害が起こり
肋骨に沿った痛みが出てきます。

人の背骨からは神経が出ています。
肋骨に沿って走行している神経が
肋間神経です。




”原発性”の肋間神経痛は

不良姿勢やストレス、
運動不足や過労によって
肋骨に沿った神経が圧迫されて
引き起こされるとされています。


”続発性”の肋間神経痛は

ウイルスや骨折などの別の病気やケガが
原因で引き起こされるとされています。



背骨から肋骨に沿っての
痛みがある場合でも
肋間神経痛ではなく
帯状疱疹の場合があります。

発疹などがある場合は
医療機関を受診しましょう。


 

どんな治療をするのか?








原発性の肋間神経痛の場合の多くは
日常生活に原因がるとされています。

なので、痛み止めを飲んで
その場の症状を乗り越えたとしても

同じ生活をしていては、
また再発をする場合がほとんどです。


当院では初診でしっかりと
カウンセリングと検査を行います。

そこで日常生活の聞き取りや
ストレスになっているものなど、

症状を引き起こしている原因を
探していきます。


その後は検査を元に

原因の筋・骨格を整えていきます。

同時に、自宅で行う
体操や気を付ける事なども
お伝えさせていいただきます。



肋間神経痛は治るまでに

時間がかかります。


しかし、当院では

再発をしないように

しっかりとプランを組んで

施術をしていきます。

一緒に痛みのない体を目指して

頑張っていきましょう。


託児設備もあります


当院に治療を開始される方からの声で

「子どもを預ける事ができない」

「子どもが泣いて迷惑をかけないか心配」

「子どもを連れてきても目が離せない」

という声が多くありました。
ですが、ご安心下さい。

当院には託児室と託児スタッフが在籍しております。
毎日たくさんのお子様が利用されますので
ここで友達ができたり、新しい発見があったりと
当院の託児室を楽しみにして頂いてるお子様もいます。
託児スタッフが責任をもって
監督させて頂きますのでご安心下さい。

また、育児などのお悩みなどもございましたら
託児スタッフにもご相談下さい。


料金と回数




料金のページはこちら

お問い合わせ、ご予約は

052-893-0773

「肋間神経痛
のページを見て・・・」とお電話ください。


電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー
Web予約
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」