HOME > よくある質問

よくある質問

駐車場はありますか?
駐車場は接骨院の近くに10台用意しております。
詳しくは診療時間・所在地 をご確認下さい。


接骨院って何をするところですか?
接骨院(整骨院も同じ)は、
正式には柔道整復師の開設する『施術所』を言います。




いわゆる『骨接ぎ(ほねつぎ)』の事です。
関節や骨に関する急性外傷(けが)を主に取り扱いますが、
その他にもさまざまな症状のご相談に応じます。

当院は、自費診療もしていますので、怪我以外の施術も致しております。
(頭痛、猫背矯正、アゴ、肩こり、自律神経系・・・)


料金はいくらぐらいですか?
保険を使うかによって金額が異なります。また、施術内容によって料金が 別途かかる場合があります。

料金の詳細はこちら



施術時間は?
滞在時間は、2回目以降は大体30分前後です。

初診問診(20~30分) + 低周波・ホットパック(8分前後) + 手技(5~10分位)

※ 初診の場合は、しっかり問診させていただきますので、そのぶん多少お時間いただきます。

接骨院では、どうして毎月書類にサインをするのですか?
受領委任払いという制度に基づき、署名が必要となっております。
昭和の初めごろの接骨院で保険適用ができるようになった当初は、患者さまから一旦施術費の全額をいただき領収書を発行していました。その後、患者さんご自身が領収書を役所や組合へ提出して、保険適用分の返金を受けていました。

しかしそれでは、患者さんの負担が大きい、且つ適正に行われない可能性が高くなるため、接骨院では患者さんにサインをいただき、代理で委任請求するというシステムに変わりました。


打撲(だぼく)って、何?
打身などの、なかなか取れない痛みのことです。
強く打ったり、あやまって物を落としたり、またはちょっとした打身でも、意外と痛みが取れないことがあります。これを打撲といいます。
胸部の打撲のように、ケガの部位によっては数日後に痛みが出ることがあります。


肩こりでも対応できますか?
できます。
.肩こり、慢性の腰痛等では健康保険の適用とはなりません。
ただ、その痛みが単なる肩こりや慢性の痛みであるか否かは実際に見させていただかなければ
判断することはできません。

また、当院では健康保険を用いない実費施術も行っております。健康保険の適用から
外れている場合には、こちらをもって施術にあたります。





腰痛って、何?
腰痛とはただ単に「腰が痛い」の『が』を抜いた言葉だけであります。
腰痛の中には骨、腱、筋、靭帯や背骨の関節を痛めてるさまざまなケースがあります。
小さい子供を連れていっても大丈夫?
もちろん、大丈夫です。
みき接骨院では、施術中の託児サービスをしております。
専門スタッフが、子守りをさせていただきますので、
小さなお子様がいらっしゃるお母様方でも安心して施術を受けられます。

ご希望の方は、予約制ですので、一度お電話下さい。
お気軽にご利用してくださいね。
052(893)0773


骨が折れているか?どうやって判断するの?

以下の様な症状が、判断の目安となります。
・受傷直後に、血の気が引いたり、気分が悪くなった。
• 患部に腫れがある
• 患部が変形してしまった
• 皮膚の色が変ってくる
• 触ると激しい痛みがある
• 痛くて動かせない etc.

骨折かどうか判断のつかない場合は、用心して早目に診察を受けましょう。
当院では、骨折の疑いのあるい場合は、
早めに整形外科さんでレントゲン検査をおすすめしております。

診断は、整形外科さんでしていただきますが、

その後の骨折の施術は、みき接骨院でも十分にお役にたてます。

骨折のケアにお越しください。



ギプスをしています。治療もしくは、リハビリはしていただけますか?

もちろん出来ます。
ギプスを巻いて次の日からでも、大丈夫です。
一度、ご相談ください。


骨折や激しい捻挫をして、整形外科さんへ行ったのですが、
「ギブスは巻いてくれるが、そのあとは何もしてくれませんでした」
という声をよく聞きます。


固定だけしてくれて、それ以外は、なにもしないで、
何週間かしてギプスを外したときは、
腫れも残り、関節は固くなり、日常生活の不便さが長く続いたり、
競技復帰が大幅に遅れ悔しい思いをしている患者さんを
私は何人も見てきました。


もちろん、固定は必要です。
それプラス、適切な時期に、適切な治療&リハビリを
的確に行うと、ただ固定だけよりも、もっと、早く改善できます。







「ケガをしました」 ⇒ 整形外科?接骨院?
どちらにも、得意、不得意があります。

整形外科さんの得意、「激しい痛みに対して薬が使える点」と「検査」です。
逆に不得意は、手で行う治療技術です。

一方、
我々、接骨院の得意は、柔道整復術といわれる、手で「痛みを取る施術技術」です。
逆に不得意は、「細かい検査(レントゲンなどが取り扱えないので)」と
「激しい痛みに対して薬が使えない点」です。


結論
「夜も寝れない位、激しい痛みがある方」や「レントゲンやMRIなど詳しい検査がを希望の方」は、整形外科さんへ。
それ以外の方は、柔道整復術が上手な接骨院という考えでよいかと思います。

お互いが、得意な面、不得意な面を補い合って、痛みで困っている人々のお役に立って行ければ幸です。



「西洋医学」と「代替医療(東洋医学も含む)」の違いは?
代替(だいたい)医療とは、西洋医学以外のもの。
つまり、代替医療というのは、
各国の伝統医療(中国医学・インド医学・チベット医学・柔道整復など)や
カイロプラクテイックや民間療法やサプリメント等の事を言うそうです。


歴史的には、
日本では、明治時代までは、お坊さんや、武術家なども医療行為をされておりました。
明治時代、西洋医学が入ってきました。

西洋医学を見て人々は、そのあまりに切れ味のよい医療(即効性)に魅せられてしまい、
明治政府は1895年に、西洋医学一元化にして医師免許を西洋医学しか認めないようにしてしまったそうです。
それまで認められていた漢方医もダメということになってしまったようです。

それ以来、私たちの行っている柔道整復術も含め、西洋医学以外のものを「代替医療」と、よぶようになったみたいですね。

ちなみに、そんな中でも、
柔道整復術は、ただひとつの例外として、医療類似行為として認められ、
1920年(大正9年)に柔道整復師法が出来たようです。


予約は必要ですか?待ち時間はありますか?
予約制です。
初じめての方は1時間お時間をみていてください。


※託児希望の方も、お電話ください。託児ルームの予約が必要となります。

052-893-0773

「託児希望です。」とお電話ください。
服装は?
動きやすい固くない素材

ジャージのズボンなどお着替えもご用意しております。安心してお越し下さい。
男性もみてもらえますか?
もちろん、だいじょうぶです。

確かに当院の患者さんは6割近く女性ですが、
4割の方は、腰痛や猫背矯正、交通事故患者さんやケガの男性です。

会社員や退職者、学生等さまざまな年齢層がいらっしゃっていますのでご安心ください。
空いている時間はありますか?
朝はスタートの9時代。
午後は、夕飯時の5時半~7時の間。

夕食時は1時間くらいすいている時間があり、その後19時くらいから20時にかけて、会社員の方や、部活動の終わったスポーツの学生たちが集中する場合があります。

更衣室はありますか?
はい、カーテンがございますのでそちらで、お着替えできます。

更衣室がありますので、スカートで来た方も、会社帰りの方も着替えることができますよ。
女性の先生はいますか?
はい、います。

女性の方で、どうしても女性の施術者を希望のされる方はおっしゃってください。
先生の指名はできますか?
基本的には指名制ではありません。
どうしてもの方はおっしゃってください。
指名料1,000円をいただいております。


妊婦中(産前、マタニティ)でも診ていただけますか?
はい、当院ではマタニティ整体も専門にしています。ご安心ください(^-^)


こちらのページをご覧いただければ、産前の妊婦整体の詳しい内容が書いてあります。
↓      ↓     ↓
http://www.miki-bs.com/cat95045/


出産前日まで通っていた方も何人もいらっしゃいますよ。
そして、産後ももちろん骨盤を調整にきていただいています。
産後、どれくらいから骨盤矯正を始められるのでしょうか?
基本的に1ヶ月位です。
基本的に一ヶ月検診で傷や体調が安定していましたら、

当院に受診していたけます。

しかし、腰痛など、どうしても痛みのある方は、お電話ください。
産後1週間でも、痛みの強い方は施術させていただきます。

ご相談くださいね。

紹介でなくてもみていただけますか?
はい、大丈夫です。

基本的には、紹介の方が多いですが、紹介じゃなくてもあらかじめ、
「ホームページを見て・・・」と、お電話いただけましたらスムーズです。
当院をご検討の場合はぜひこちらの初めての方へというページご覧下さい。
Q
A

nyuu
Q
A

nyuu
お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ