【胸郭出口症候群】名古屋市緑区幹整体院

胸郭出口症候群


このような症状でお困りではありませんか?




・腕を上げた時に手がしびれる

・荷物を持つと腕が重だるくなり、
物を運ぶ作業や買い物に困っている

・背筋を伸ばすと腕がしびれたり
背中に痛みが出る

・腕の血色が悪い





それは 胸郭出口症候群 かもしれません。

当院でも上記の症状を訴えてこられる方が来院されます。

「抱っこ紐を使うとしびれがでる」
と言われた産後のお母さん

「洗濯物を干している時が痛い」
と言われる主婦の方

「現場の仕事で重い物をもつと腕がしびれる」
と言われる男性の方

症状が出る条件は様々ですが
共通のお悩みをお持ちの方が
たくさんいます。



あなたのお悩みの解決を

お手伝いをさせてください。




お子さんをずっと抱っこすることができる
お体になりませんか?

すっきりした状態で家事や仕事をしませんか?

もちろん、その他の症状でも大丈夫です。

もし、

お一人で悩まれているのなら
当院に一度お越しください。



ここでは当院での治療方針に
ついて記載させて頂きます。

お困りの方は是非お読みください。

 

胸郭出口症候群とは



 
胸郭出口症候群とは

つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作や

重い物を持ったり、リュックサックなどを背負ったりする事で、

上半身のしびれや、肩、腕や背中の痛みが生じたり、

肘から小指あたりにうずくような、

痛みとしびれ感、ビリビリ感が出たりします。

また、手の力が入りにくくなったり、

細かい作業がしにくくなることもあります。



 

胸郭出口症候群の原因


胸郭出口症候群の原因は?


 

胸郭出口症候群は以下の3つの総称です。
 
①斜角筋症候群
②肋鎖症候群
③過外転症候群


①斜角筋症候群




”斜角筋”は首の前の方についている筋肉です。
首から肋骨まで付いていて肋骨を上げたり、
首を曲げたり、息を吸い込むときに作用します。


デスクワークや長時間の同じ姿勢などで
この筋肉が硬くなったり、
カバンや、重い物を方に乗せたりすることで

"斜角筋"にストレスがかかり
神経を圧迫することで症状が出ます。


肋鎖症候群



鎖骨と第1肋骨の間で神経が
圧迫されて症状が出現します。


こちらも重い物を持ったりして
上半身を引き下げる力が働く事で
症状が現れます。


③過外転症候群




"小胸筋"と言われる胸の筋肉と、
肩甲骨の前の突起部分(烏口鎖骨靭帯付近)で
作られるトンネル内で神経が圧迫されて
症状がでます。


肩を横から上にあげる動作をすることで
小胸筋が緊張するため症状が出現しやすくなります。


上記の物が1つ、もしくは複数合わさって症状が出ます。
日常生活での動作としては

【両手にスーパーの袋をもつ】

【外出時のリュックサック】

【棚の上の物を取ろうとした動き】

などのイメージが近いと思います。
どれも自然としてしまう動きですよね。

本当は、負担のかかっている動きは
なるべく避けて頂いた方が
治りは早くなります。

しかし

動きを制限しながら生活をするのも
確かに辛いですよね。

ですが、ご安心下さい。

私たちが少しでも早く
いつもの日常生活を取り戻せるように
お手伝いさせて頂きます。


 

どんな治療をするのか?

 


当院では
整体や鍼で原因の骨格や筋肉を整えます。

しかし
筋肉の使いすぎ以外にも

身体の使い方・睡眠不足

ストレス・不良姿勢など、

ご自身でも気が付かない事が
治療期間を伸ばしてしまっている事もあります。

当院では施術以外にも
カウンセリングやセルフケアなどで
あらゆる方面からプランを立てて
治療を目指していきます。


しびれを治すには時間がかかります。

しかし、当院は


”根本治療”  ”再発防止”


を目指して施術プランを立てています。

少しお時間はかかりますが、
完治を目指して一緒に頑張りましょう。


 

料金と回数





料金のページはこちら


お問い合わせ、ご予約は

052-893-0773

「胸郭出口症候群のページを見て・・・」とお電話ください。



電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー
Web予約
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」