【名古屋市緑区の膝の痛み・側副靭帯損傷治療】実績豊富な幹整体院

その膝のケガの処置

本当に正しいですか?

もし少しでも不安でしたら

名古屋市緑区の

幹整体院へお越しください。






・膝周辺が腫れているようにみえる

・膝を動かそうとすると痛い。

・スポーツ中に膝を捻るようにして痛めた


・膝に直接タックルされて痛めた。

 
 

                                                 
このような症状でお困りではありませんか?


その症状は


膝靭帯損傷

かもしれません。


もしその痛みを放置してしまうと
スポーツ復帰ができないだけでなく


膝の変形や軟骨のすり減りや
強い痛みに悩まされるかもしれません。


そうなってしまうと
将来、不安定感が残ってしまい
歩けない状態になってしまうかもしれません


幹整体院では
「一生、自分の身体で歩きたい」
という強いお気持ちで
通院されている方が大勢いらっしゃいます。


今、このページをお読み頂いているという事は
お膝の事でお悩みという事ではないでしょうか?


あなたも
ずっと膝の痛みが出ないように
今から予防しませんか?


ここでは幹整体院の施術方針
について記載させて頂きます。
ぜひ、一度お読みください。



 

内側靭帯損傷の原因とは

 
”内側・外側側副靭帯”は膝関節の中で
大腿骨”と”脛骨”の間にある”靭帯です。


主に”
大腿骨”に対して”脛骨”が
側方へ行き過ぎないようにする事と

捻った方向に対して動きすぎないように
制御する役目があります。





その”側副靭帯”が損傷する原因は

”スポーツ等によるケガ”
が圧倒的に多いです。



・ダッシュ中急な方向転換

・接触プレーによるもの



などがあげられます。


膝はご自身の体重がかかるだけでなく
無理に捻ったりする事もあるため
負担がかかりやすい場所になります。


そのため治癒するためにも
長いお時間が必要となります。


もし適切な処置ができなかった場合
将来的に軟骨のすり減りなどを引き起こし
人工関節が必要になったり
股関節などに影響がでしまうこともあります。


そのため初期の処置は非常に大事になります。
特にこの場所に合併して
膝の軟骨や他の靭帯の損傷が起きる場合もあります。

その症状としては

”膝の痛み”

”痛くて体重をかけられない”

”膝崩れ状態”

”膝のロッキング”


”膝に水が溜まる”


という症状が多いです。


もし、膝の痛みがあり
まだ処置をしていなかったり
痛みが長く続くようでしたら
一度当院にお越しください。


 

どんな治療をするのか?




※固定・特殊電気・鍼灸・整体

痛みの強い間は炎症を抑えるための施術をします。


幹整体院式療法

痛みが落ち着いた後も再発防止のための
根本治療として体の使い方や、歪みを整えていきます。



その他にも、誤った体の使い方を正すために
トレーニングが必要な場合もあります。


そのため、改善するには長期の時間が必要となります。
初回ではしっかりとカウンセリングと
身体チェックを行います。


それらの情報を元に一人ひとりに合った施術や
食事、自宅での体操などをお伝えしていきます。


詳しくは問診時にお伝えしています。

料金



最後までご覧になって頂きありがとうございます。

料金のページはこちら


お問い合わせ、ご予約は
052-893-0773
「ホームページを見て・・・」とお電話ください。

 
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー