【名古屋市緑区の足の痛み・下駄骨折治療】実績豊富な幹整体院

 
 

そのお怪我の処置は正しいですか?

もし不安であれば

名古屋市緑区の幹整体院へお越し下さい。











 
・足首を捻った後に小指側に痛みがでる

・痛みや腫れが引かない

・小指の根本に痛みが出ている



 
 
このような症状でお困りではありませんか?

その症状は


下駄骨折(第5中足骨骨折)

かもしれません。


もしその痛みを放置してしまうと
歩くだけでも痛みがでてしまいます。


変形や骨の転移が大きいと
手術をしなければならない場合もあります。

骨折後の処置も正しく行わないと
筋力が落ちてしまったり
体の使い方や足の使い方を忘れてしまい

長時間歩くと膝が痛くなったり
腰痛がひどくなってしまう場合もあります。


そうなってしまったら
日常生活に支障が出るだけでなく
旅行やお買い物なども
痛みや不安で行けなくなってしまうかもしれません。


幹整体院にも
そのようなお悩みで
通院されいる方もいらっしゃます。


将来のご自身のために
今からケガの予防をしませんか?


ここでは幹整体院の施術方針
について記載させて頂きます。
ぜひ、一度お読みください。


 

下駄骨折とは





足首を捻ったり、捻挫したりする事で起こります。

足の甲の骨、第1から第5まである中足骨のうちの

第5中足骨の基部の骨折の事をさします。


昔、下駄を履いていて足首を捻る時に頻発していたので
この名称がつけられたと言われています。

症状としては
捻ったりした後に、腫れがでたり歩行が困難になったりします。
痛みは主に小指側に出ることが多いとされています。



基本はギプスなどで固定したりする事で
改善に向かいます。


しかし、固定後は筋力低下などが顕著にでるため
すぐにスポーツ復帰をしたりすると
捻挫をしたり、最悪の場合は再受傷してしまう場合もあります。



また、発見が遅かったり、適切な処置ができていない等で
骨の転移が大きくなると手術が必要になります。



 

どんな治療をするのか?




※固定・特殊電気・鍼灸・整体

痛みの強い間は炎症を抑えるための施術をします。


幹整体院式療法

痛みが落ち着いた後も再発防止のための
根本治療として体の使い方や、歪みを整えていきます

固定をした場合では
長時間患部を使用しなかったことにより
筋力低下や使い方を忘れたり、別の関節が代償動作を行ったりして
別の部位にも痛みや負担がかかったりしてしまう場合があります。



その為に患部のトレーニングが必要な場合もあります。

そのため、改善するには長期の時間が必要となります。
そのため、初回ではしっかりとカウンセリングと
身体チェックを行います。


それらの情報を元に一人ひとりに合った施術や
食事、自宅での体操などをお伝えしていきます。
詳しくは問診時にお伝えしています。



 

料金



最後までご覧になって頂きありがとうございます。

料金のページはこちら


お問い合わせ、ご予約は
052-893-0773
「ホームページを見て・・・」とお電話ください。

 
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー
Web予約
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」