足首の捻挫

当院には足首のねんざの方が多くお見えになります。

ほとんどの方は、歩行可能な痛みの方ですが、

中には歩けないで松葉つえやケンケンでお見えになる方もいらっしゃいます。


外くるぶしの腫れと痛みの一般的な捻挫
 
骨折があり足の甲まで腫れてしまったひどいケース。
内くるぶしまで内出血があるとギプス固定をした方が早くスポーツ復帰ができます。

 


・足関節の捻挫(足首靭帯損傷)
・足の甲の捻挫
・原因のわからない足首の痛み
・足首の抜けそうな感じ

の方も悩んでいないで当院にご相談ください。


052-893-0773

私自身(院長)が、サッカーをしていて足首の捻挫をたくさん経験しました。

サッカーの試合に出たかったので一生懸命に治したかった覚えがあります。
せっかく練習してきたのに試合にでられない悔しさにはとても辛いものがあります。

足のケガをしていても、好きなサッカーの試合に出るために
自分の足で、包帯の巻き方を工夫してみたり、テーピングの巻き方もいろいろ試してみました。
ハリやお灸もしてもらったこともあります。

捻挫予防のトレーニングも研究しました。
気になる方はお尋ねください(^-^)

いろんな勉強をしました。

現在は、ようやくこれがベストだ。という方法にたどり着きました。



スポーツをやっていない人でも
足のケガをしてからの日常生活の辛さがとてもあります。

スポーツ選手なら
一生懸命練習してきたのに試合に出られない辛さは身にしみて分かります。
できることなら間に合わせてあげたいです。

逆に治療家としても、捻挫の足で無理に試合に出ると、どんな足になってしまうかとういこともわかっています。

ですので、

よりベストな治療とプレー中の固定方法はもちろん、

足の状況を説明し、スポーツや日常生活での指導やアドバイスをしたうえで、

ケガをされた本人と日常生活でどう過ごすか。スポーツをどのようにやるか。

を一緒に考えて治療していくことを心がけています。








当院では、エコー(超音波画像)を使用し、ケガの説明もしています。

 

image1
image2
image3

当院では捻挫(一般的な外側の捻挫)を大きく3つに分けています。

レベル1 外くるぶしの腫れと押した痛みあり。
レベル2 外くるぶしの腫れと押した痛み+内出血あり
レベル3 外くるぶしの腫れと押した痛み+内出血+内くるぶしにも痛み

いずれの捻挫も、細胞が完全に治る期間は、2ヶ月~4ヶ月です。


レベル1程度でしたら、
固定はサポーター。

治療は、電気療法と足関節の位置の調整と周りの循環を良くするテクニックを使います。

治療期間は2週間~2ヶ月。

スポーツ復帰は1週間~4週間

サポーター。
 

レベル2・3は
固定はヒール付きギプス固定です。
そして大切なのは、「ギプスをしたまま、歩く」という治療法です。

ギプスというと、たいていの皆さんに「え~」と言われますが、

実はこの「ギプス+歩く」が一番治りが早いです。


長年私は自分の足で研究をしてきましたが、この方法に勝るものはありませんでした。

日本最大級の接骨院の
おおえのき接骨院の院長の大榎先生
「ギプスは、かかと付きにすることで、筋力低下を予防したり、靱帯強度が増すので、早期復帰が可能です。」と、おしゃられています。



ギプスの固定期間は7日~14日間ですが、1週間前後で1度半分にカットして、取り外しができるようになり、お風呂にも入れますし、ヒールのゴムをつけてありますので歩けます。

しかもギプスをすると痛くないので安心してください。

合わせて当院の高度な手技も行っていきますと早期回復が可能です。

治療期間は1ヶ月半~3ヶ月
ギプス
スポーツ復帰は10日間~4週間

 

 

最も大切なのは、あなたの生活やスポーツに合った指導をすることだと思っています。



ケガ後、一日でも早いご来院がベストです。
初期処置でしっかりと固定しなければ、慢性的な痛みや関節が緩んだ状態になってしまいます。

中途半端なテーピングやサポーターをして初期に関節を動かしてしまうと、私のように、ゆるゆるの関節になってしまい、30歳を過ぎてサッカーなど激しいスポーツをすると直ぐに痛みが出てしまうという足首になってしまいます。
あなたは、そうならないでくださいね。

しかしもし万が一
日数が経ってしまった方も、他院に行かれて回復が良くない方も一度ご相談ください。


あなたに合った適切な処置をさせていただきます。

料金は、急性期のケガは、健康保険が適用です。


お困りの方は早目にご相談ください。

052-893-0773

「ホームページの足首の捻挫を見て・・・」とお電話ください。


==================
50代 
女性 しもざとさん
==================

【左足首をねんざ。帰る時から痛みを感じることなく歩けました。】

    ↓        ↓
        ↓

 
《受ける前》
外かいだんを降りている時左足首をねんざしました。
痛くて、びっこはもちろんその夜はねていても痛みがありました。

《受けた後》
次の日こちらに伺う。仕事ができて普段と同じ生活がしたかったのでギブスをしました。
帰る時から痛みを感じることなく歩けました。
夏でしたので、1週間でギブスを切って取りはずせるようにしましたが、
やはり全部はめて包帯固定の方がよかったです。
初のギブスでしたが固定の大切さを実感しました。


※ 「免責事項」患者さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ