【ゴルフ肘】名古屋市緑区みき接骨院


痛みを気にせずゴルフを楽しみたいですよね
 

みき接骨院でもゴルフ肘の施術をしています。
悩んでいないで安心してご来院ください。

□スイングで痛みが出る
□肘が痛くてプレーに集中できない
□練習に集中できない
□すぐに腕のハリが出てくる
□腕がだるくて力が入りにくい
□ペンを使うと肘が痛い
□肘や腕が痛くて字が書けない
□肘の内側の骨を抑えると痛い
□スイングで肘に痛みが出る
□物を持つ時に肘が痛い
□腕がパンパンで手に力が入れにくい
ゴルフ肘、野球肘、フォアハンドテニス肘などさまざまな呼び方がありますが、総称して「内側上顆炎」といいます。
内側上顆炎とは、肘の内側の骨についている筋肉に負担がかかり、肘の内側もしくはその周辺に痛みが出ている状態です。
野球の投球、ゴルフのスイング、テニスのフォアハンドの際に負担がかかりやすく、痛めてしまう方が多いためこのように呼ばれています。
痛みが出る原因は数多く考えられます。
例えばゴルフの場合、肘や腕に力が入り過ぎた状態でスイングしている、スイング時に脇が開いている、手打ちにならないように、腕から手にかけて力を入れて固定しているなど。
結果、前腕の筋肉が固くなり、その筋肉が付いている肘の内側が痛くなります。
痛みの強い場合は炎症を抑えるため特別電気施術
関連筋を緩める手技やテーピング
身体の土台である骨格から整えて神経の流れ、血流をよくして回復力を向上させる(みき接骨院式特殊背骨骨盤矯正)
痛みが出にくい身体の使い方の指導
初回7000円
2回目以降5000円
別途材料費

お問い合わせ、ご予約は
052-893-0773
「ゴルフ肘のページを見て・・・」とお電話ください。
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー
Web予約
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」