目・眼精疲労

2019年3月20日 水曜日

【不同視弱視】の6歳児がご来院。足の長さ違った!?

こんにちは。幹整体院の倉です。

6歳児の不同視弱視のお子さんがお母さんとご来院されました。

お母さんは、眼科にも行かれ治療もそちらでしていますが、
他に何かできることはないか?と感じられて、探して当院に来られました。

眼科もお母さんも「頭の歪み(左右で形が違う)があるから、左右の視力の差が出ているのでは?」とおっしゃられていました。

私がお子さんのお体を整体的にチェックさせていただいたところ、

以下の歪みがお体にありました!

視力の左右差(0.4差)
頭の歪み
首の後ろの筋肉の膨らみの違い
鎖骨の位置の左右差
足の長さの左右差1センチ
股関節の硬さ(SLR45度)
足指の弱さ(グーパーができない)
靴の左足の先だけ、いつも削れている。

立ち姿勢、座り姿勢がすでに歪んでいたのです!

私は多くの子供を見ていますが、歪み具合は大きいほうでした。
一番驚いたのは、足の左右差でした。
6歳児で、発達障害などの原因ではなく、1センチも差があるのは驚きでした。

早速、股関節の調整をして、足の長さを直し、他の鎖骨なども左右差をできる限り直していきました。

最後に、爪先立ちや、足のグーパーのチェックをするとやはり
弱いことがわかりましたので、


それら支えの筋肉をつけるトレーニングを教え宿題としてお伝えしました。

視力の左右差が先か?体の歪みが先かわかりませんが、
私にできることは、整体的に歪みを整え、戻りにくくすること。

彼とお母さんの少しでもお役に立てればと思います!


不同視弱視でお困りの方は、一度ご相談ください!
ひょっとしたら、足から体の歪みの問題かもしれません。

「ブログを見て・・・」とご相談ください。

0528930773



投稿者 みき接骨院 | 記事URL

2018年7月20日 金曜日

ドライアイで悩む方急増中!?【名古屋市緑区幹整体院】

こんにちはsun

みき整体院の西尾ですhappy01






現代はパソコンスマホ無しでは生活できない時代ですよねcoldsweats01


「目が乾く」

「目がチカチカする」

「エアコンが耐えられない」

「長時間コンタクトを付けていられない」






今、ドライアイで悩んでいる方がたくさんみえますbearing


ドライアイが原因で

「集中力がとぎれてしまう」

「とにかくすぐ疲れる」






ドライアイって何なんだろうsign02


ドライアイとは

目を守ってくれる涙の量が不足したり、

涙の質のバランスが崩れたりすることによって

涙が均等にいきわたらなくなる病気です。





実はパソコンを一切使わないお年寄りや裸眼の子供でもドライアイになるようですcoldsweats02





まず大前提として、

そもそも
人間の目は遠くを見るように作られている

ということを知っておいてくださいdanger



これは大昔の人類に由来し、
獲物を見つけるため、
危険を早く察知するために
遠くをたくさん見る必要がありました。

そのため、自然な状態で遠くを見られるようになっており、
近くを見る時には目の筋肉に力を入れて緊張させ、
ピントを合わせるようにできています。




近くのものを見て疲れてしまうのは当然のことと言えるのと同時に、


お年寄りや子どもでも


・本を目から近い位置で読む

・ゲームを目にすごく近づけている

・テレビを見る位
置が近すぎる

というようなことでも
ドライアイになってしまう可能性があるということです。



それに加えて

1、パソコンスマホを使うことでまばたきが減少している

2、血行不良を起こしている

3、顔の筋力不足で、まばたきがきちんとできていない

4、浅い呼吸姿勢の悪さで、酸欠状態になっている

5、ストレスの影響で、涙の分泌が減っている


というようなことがドライアイの原因と言われています。




気をつけられることとしては

テレビを見る時は画面から離れる

・長時間近くのものを見続けない

適度に休憩することでまばたきができる時間を作る

・運動をして血流をよくする

・意識的に深呼吸をする

気分転換をする


その他にもたくさんあります。





そして、ドライアイは目だけでなく身体全体の血行不足が影響しますcatface


当院での整体や鍼もお役に立てますgood

姿勢も良くなり、呼吸もしやすくなりますwink



もしドライアイでお困りの方がみえましたらお気軽にご相談くださいgood

投稿者 みき接骨院 | 記事URL

2017年6月 1日 木曜日

眼精疲労!目の疲れには鍼も有効?【名古屋市緑区幹整体院】

眼精疲労でもう大変!!

皆様、こんにちは。
先日東京品川の空気を吸い、都会を味わった鍼灸師、
近藤です。

品川には、「あしづかみセラピスト養成講座」の
アシスタントの為に行ってきました^^

この教室を経て、沢山のあしづかみセラピストが
世に羽ばたきましたよ~。







そんな今回は、目の疲れについて。
最近、事務作業でずっとパソコンを
しているスタッフが

「目がつらい!画面見るのがしんどい!」

と、目頭を押さえていました。

パソコン作業が多い人には
よくある光景だと思います。


ずっと画面を見続けるのはつらいですよね。。


私もたまにパソコン作業をするのですが、
集中すると、もはや体で動いているのが
眼球だけ。なんて事もしばしば。

しかも、その時間が数分ではなく、
何時間も続いた時。

目はもちろん、体も悲鳴をあげてきます。

だからと言って、仕事中
パソコンをしない訳にもいきません。


本当は目を使わないのが一番ですが、
一日中使う量が多いのであれば、
せめて目にやすらぎの時間をあげましょう。


みき接骨院では、
目の疲れに鍼(はり)治療をおススメしています。


鍼治療をする場所は、首肩や背中などなど。

使う量が減らせないあなたの目に、
鍼治療で血流を良くし、目の疲労を軽減させましょう。

また、目が疲れてきた方は、
疲れ以外にもこんな症状も。

・目が充血する。
・目がかすむ。
・目が乾燥する。
・目の周りがピクピクする。
・視界に何か出る。


そんな症状にお困りの方も、
まずはご相談下さい。

また、みき接骨院では、整体でも
眼精疲労の治療をしております。


興味がある方は、お気軽にお電話下さい。

TEL: 052-893-0773

名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第2・4土曜日は健康教室開催15:00~16:30


・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^^)



投稿者 みき接骨院 | 記事URL

2012年12月13日 木曜日

めまいや目の疲れの事 名古屋市緑区幹整体院


名古屋市緑区の「幹整体院です。
 

こんにちは、なかなか咳が治まらず、

昨日、急いで加湿器をつけた小笠原です。

体調は悪くないんですが咳だけ出るってなんかやな感じですよね。wobbly


今日は最近ご来院して頂いた患者さんでめまいがひどい方がいましたので、

「めまい」について書こうと思います。

皆さんはめまいについてどれぐらい知っていますか??


「めまい」には大きく分けて4種類ぐらいあるそうです。

「グルグルめまい」
「フワフワめまい」
「クラクラめまい」
「ヨロヨロめまい」

後で紹介するサイトに細かく書いてありますので注意するめまいが当てはまったら、

必ず病院に行ってくださいね。

その中でも一番多いめまいが「良性発作性頭位めまい症」です。

患者さんの約3割は自然に治るそうで、

とくに治療をしなくても少しずつよくなるようですので安心してください。

そんな「良性発作性頭位めまい症」に関しては、

首や肩甲骨周りをしっかりマッサージをして緩めていきます。

それだけでも患者さんは楽になったと喜んでくれるんですよね。

一方、めまいの中には脳梗塞や脳腫瘍など命にかかわるめまいもあります。

先述したようにめまいの原因は多種多様にわたりますから、

まずは病院で等で正確な診断をつけてもらい、適切な治療を受けることをおススメします。

参考にしてみてください ↓ ↓ ↓

http://www.nishiku-jiko.com/blog/staff/

 

=======================
名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第4土曜日は健康教室開催15:00~16:30

骨盤矯正・腰痛・猫背・肉離れ
オスグッド・足・膝・外反母趾・頭痛もお任せ

052-893-0773

・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^-^)

 
みき接骨院のオフィシャルサイト

みき接骨院(ジコサポ名古屋南)の交通事故サイト

みき接骨院のエキテン口コミページ
 
みき接骨院Facebookブックページ
 
みき接骨院のグーグルプラス


みき接骨院交通事故サイトFacebookページ

 

投稿者 みき接骨院 | 記事URL

電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー