食事

2011年12月25日 日曜日

ケガの時の食事  名古屋市緑区幹整体院


面白い話を患者さんから聞きました。

あるヨガの先生の飼っている猫が

6階からおちてしまって、

骨折をしてしまった(どこの骨折かはわからない)ときに、


飼い主のヨガの先生は、猫ちゃんが、どうするのかなって、

あえて病院とかに連れて行かず、なにもしないで様子を見守っていたそうです。


猫の自然にまかせたそうです。


すると


まず、その猫は、

治療期間中は、ほとんど何も食べなかったそうなんです。


餌はもちろん与えましたが、口にしなかった。

普通、

病院も連れて行くし、餌も無理やり食べさせようとしてしまいますよね。


そこを、あえて我慢して、見守ったんですね。

それで、ちゃんと治癒したそうです。


私も、風邪をひいたときに、あまり食べない方が早く良くなる  とは聞いたことがあるし、

実際、体感していますが、

ケガをしたときってどうなんだろうか・・・と考えさせられました。


ひょっとしたら、ケガをした時も、同じで、あまり食べない方が早く治るのかもしれません。









投稿者 みき接骨院 | 記事URL

電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー