症状・健康セミナー報告ブログ

2017年6月16日 金曜日

足の裏が痛い...まさか足底腱膜炎?名古屋市緑区幹整体院

みなさま、こんにちは。

先日緑高校へのトレーナー活動の一環として、
バレー部、サッカー部の生徒さんに
あしづかみ教室を行いました。




久しぶりに訪れる高校の校舎は懐かしくもあり、
時間の経過をしみじみと感じて驚きの連続でした。

気づかない内に自分自身も
年齢を重ねている事に気づいた鍼灸師、近藤です。



そんな今日はずばり、足の裏、かかとが痛い!
そんな症状の方に向けてのご紹介です。

以前来られた患者さんに、

「歩き始めに足裏が痛くて困る。」

という方がいらっしゃいました。

最初は痛みもすぐに引いたそうです。
ご本人的にもまぁいいか。
と、そのままにしておられたのですが、

段々歩いている時も痛くなってきた。
これはまずいぞ!

という事でご相談を受けました。

その方はお仕事で立ちっぱなしや、
長距離を歩くとしんどくなってきましたが、
ずっと痛い訳ではありません。


こういった足裏の痛みは、
炎症を伴っている場合があります。


原因は様々ですが、
まずは痛みを取り除かないと
歩くのもおっかなびっくりになりますよね。

そこで登場するのが鍼(はり)治療です。

鍼(はり)には炎症を抑える役割があり、
血流を良くして、痛みの部分の回復力を挙げてあげます。

まずは鍼(はり)治療で痛みを取り除きます。

そして、みき接骨院では足指の使い方を大切にしております。
足指がしっかり使えていない事によって
足裏のアーチが崩れて、足裏の痛みに繋がります。

鍼で痛みを取り除いていても、
足指が上手く使えず、
体のバランスが悪いままでは
また再発してしまいます。

再発しない身体を作るために、
整体で歪みを整え、足指を強くしていきましょう。



興味がある方は、お気軽にお電話下さい。

TEL: 052-893-0773

名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第2・4土曜日は健康教室開催15:00~16:30


・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^^)


投稿者 みき接骨院 | 記事URL

2017年6月16日 金曜日

バレーボールで右手親指を・・名古屋市緑区幹整体院

みき接骨院の外傷担当高坂です。
右手親指の外傷の方がおみえになったのでご紹介いたします。

48歳 女性 
レクバレーの練習でパスを受けた際、右手親指を過剰に反らしてしまい負傷されました。
その日のうちに整形外科を受診しレントゲン撮影してもらい、
「骨には異状なし」との診断をうけ安静を指示されたそうです。


右手の母指球(親指の付け根です)の部分に腫れと皮下出血がみられます。
黒い点でマークしてあるところは触れて痛みのある部分です。
親指の曲げ伸ばしの動作では強い痛みがでます。


「翌週のバレーの試合に出たい」というのが患者様のご希望でしたが、
今は家事をするにも強い痛みが出てしまう状態
「経過しだいだが試合に出るのは難しいかも」とお答えして。


親指の固定をする装具を作成しました。

ハイボルテージによる電気治療を施し、
安静を指示のうえアイシングの仕方をご案内しました。


3日後の写真です。

腫れはほとんど引いています。
親指の動きによる痛みも
皮下出血の範囲が広がっていますが問題ありません。


結果的に・・
10日後の試合にどうにか出ることができました。
固定をしたまま出場し、痛みなくプレイすることができたそうで
「接骨院で治療してよかった(^^)」と喜んでいただけました。


ケガの治り具合は受傷後の管理によっておおきく変わってきます。
炎症を広げないように管理することで
スポーツやお仕事に復帰できるまでの期間が早まります。


小さな怪我でも甘く見ていると治癒が長引いてしまうことがあります。
ケガの判断は専門家でなければ難しいです。
受傷後なるべく早く医療機関に相談することをお勧めします。

みき接骨院では急性外傷の専門家である柔道整復師が常駐しています。
何かあれば遠慮せずにご相談ください。
お電話だけでも構いません。

TEL: 052-893-0773

名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第2・4土曜日は健康教室開催15:00~16:30


・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^^)


投稿者 みき接骨院 | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

むずむず脚症候群って?名古屋市緑区幹整体院

こんにちはsun
みき接骨院の西尾ですwink


むずむず脚症候群って聞いたことありますかsign02



むずむず脚症候群とは、レストレス症候群ともいわれ

thunder夜になると脚がむずむずする
thunder布団に入ると脚が気持ち悪い
thunder無意識のうちに脚がピクピク動いてしまう
thunder脚を動かしたくて仕方ない

のような症状がでることを言います。






むずむず脚症候群になってしまうと

夜なかなか寝付くことができなかったり、熟睡できなかったりしますweep







その結果

danger身体がダルイ
danger昼間眠くて仕方ない
danger仕事や授業に集中できない

ことにより、生活の質の低下につながりますcoldsweats02





夜以外にも、

dangerに座っていると
danger授業をうけていると
danger美容院で髪をカットしてもらっていると

など、日中に症状があらわれる方もみえますshock



発症のメカニズムは詳しく解明されていませんが、

diamondドーパミンの機能障害
diamond鉄欠乏
diamond遺伝的要因

などがあげられます。


他には、鉄欠乏性貧血慢性腎不全うっ血性心不全などの
基礎疾患が原因となって起こる場合も考えられます。

ビタミンBの欠乏や妊娠中にも起こることがあります。



日常生活で気を付けると良いことは

喫煙、アルコール、カフェインを控える
鉄分を補う
軽いウォーキング
身体を温め血行をよくする  など



ドーパミンの分泌が過剰だと不眠に陥るといわれ、
それには自律神経が深く関係します。

血行をよくしてあげることも
普段の生活から気を付けられるといいでしょう。


原因不明とはいわれていますが、
自律神経や血行との関連から、
当院のみき接骨院式整体でもお役に立てる可能性がありますwinkgood


もし脚の症状が気になる方はおっしゃってくださいsign03





TEL: 052-893-0773

名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第2・4土曜日は健康教室開催15:00~16:30


・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^^)

投稿者 みき接骨院 | 記事URL

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー