足部(その他)

2019年3月18日 月曜日

【強い足の捻挫の固定】の研究@オーダーメイドの固定

こんにちは。名古屋市緑区の幹整体院(接骨院)"あし"担当の高坂ですfoot


今回は足関節付近のケガにたいして行う固定方法、樹脂製シーネを紹介したいと思いますhappy01




捻挫や骨折のときに使うL字型のシーネです。


足くびの曲げ伸ばしを制限するもので、病院や接骨院などでよく使われています。


このシーネはただ動きを制限するだけでなく他に重要な役目を果たしています
その一つが足のアーチを支え足の骨のアライメント(配列)を整えることです。



足付近のケガの後にアーチが落ち込んで骨の配列が崩れるのはよくあります。

固定の際、当院ではとくに足部のアライメントの保持を重要視します。


足部のアライメントを整えるだけで荷重痛が減ったり消失したりするからです。

痛みを除去した状態で被障害組織(ケガをした組織)にストレスをかけずに動かしてあげることは早期の回復にも効果的です。



足の裏から見ると



足裏のアーチの形成がしっかりできています。

どんな風に形をつくっているか?


文章だけではお伝えしづらいので割愛しますがcoldsweats01

ただ、痛みの出方は人によって違うので、個々にできる限り最良のポジションを探して行っています。


他にも樹脂の分厚さや幅、固定範囲などは症例ごとに調節しています。


症例が100あれば対応も100種類!


できる限り個別性を大切に臨床にあたりたいと日々試行錯誤していますangry



包帯で密着させて完成。早くよくなります様に!!happy02


当院の捻挫のページはこちら。

http://www.miki-bs.com/cat95266/

ご相談があればお気軽にご連絡ください。

☎0528930773




投稿者 みき接骨院

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー