足首捻挫

2019年3月28日 木曜日

【足の捻挫の固定】ケガの状態をみてベストな固定を!

こんにちは
名古屋市緑区の幹整体院(接骨院)の高坂ですbanana

あしの怪我の処置シャーレ固定その②を紹介したいと思います。
前回はL字型の固定を紹介しました。

今回紹介するのはU字型の固定です


こんな感じで内、外くるぶしを両側から挟み込むかたちになります。



横からみるとこんな感じ。
布で覆っているのでわかりづらいですが内外くるぶし、アキレス腱、踵、そして大事な足のアーチをしっかり採形してあります。

これは前回紹介したL字固定にくらべて
①足首の曲げ伸ばしの制限が少ない
②脛骨、
腓骨(足首の外がわと内がわの骨です)を両側からしめることができる。
③後足部(かかと)の倒れこみを支えることができる。
などが特徴です。

固定によって足部の機能を低下させないために余計な制限は極力かけたくありません。


なので場合によっては①の特徴があるU字型固定が有効です。
②は前脛
腓靭帯の損傷時に必要です。




この部分の靭帯です。
ここが伸びてしまうと後々まで足関節の動きに障害を残したりするため処置には注意が必要です。


③は踵の倒れこみによって患部にストレスがかかるのを防いだり、怪我後の偏平足になるのを予防します。


いずれの特徴も患部の保護だけでなく足部の機能低下を予防したり、早期の機能回復を考えると必要なことです。
怪我の処置は上手に固定ができたらOK!というものではないと考えます。

けがによる機能低下とその後の機能回復を考えて症例ごとに個別性をもって対応するのが大事だと思います。
逆にそれができていれば固定方法なんてなんでもいいと思いますconfident


それでも今できるベストは何だろう??think接骨院の柔道整復師は毎日知恵をしぼって患者さんに向き合っています。



弾力包帯で密着させて完成。
早くよくなります様に!!happy02

当院の捻挫のページはこちら。
http://www.miki-bs.com/cat95266/
ご相談があればお気軽にご連絡ください。

☎0528930773










投稿者 みき接骨院

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー