症状・健康セミナー報告ブログ

2017年10月27日 金曜日

『冷え性』の3タイプ!あなたの【冷え】はどのタイプ?

みなさんこんにちはsign01
みき接骨院小田ですscissors

今日は、『冷え性』について
お伝えしていこうと思いますwink

10月も後半に突入し
今年もあと2ヶ月ちょっと...

段々と、寒さが身に染みる季節ですねpenguin



『あ~...この季節か。』

『今年も靴下2枚履きだ。』

『寒いとお腹が下りやすい...』


などなど

寒さが苦痛になっている人が
多いのではないでしょうか?

そんな冷え性の皆さん
実は冷え性って3種類ある事を
ご存知ですか?

タイプA → 平均体温が36℃以下(熱が作れない)



タイプB → 平均体温は36℃あるが身体の四肢が良く冷える
           いわゆる『末端冷え性』(熱を送れない)



タイプC → 発熱しやすい、顔の浮腫みがある(熱を上げたくない)


あなたはどれに当てはまりますか?


<タイプの説明>

タイプA
 このタイプの方は【エネルギー不足】です。
 身体にとってのエネルギーとは...



 『食』ですよね!
 バランスの良い食事ができていますか?
 栄養がしっかり吸収できないと熱を作り出すことができません。
 ご家庭で使用している油の見直しや便秘を改善し
 栄養吸収しやすい内臓環境を整える事が必要となりますapple

タイプB
 このタイプの人は【血行不良】です。
 血行が良くなるイメージってなんだと思いますか?



 『運動不足』や『筋肉の硬さ』などなど...
 体中に、温かい血液を送れないイメージですよねdash
 全身の『流れ』をコントロールするのは自律神経のお仕事。
 骨格や筋肉の歪みを整えることが
 『流れ』を改善させる為に必要となります。

タイプC
 このタイプは【脳圧上昇】
 いわゆる、発熱です。
 熱をこれ以上、上げたくないと
 判断したときの身体の反応になります。


ですので、一般的に【冷え性】と悩まれている方は
タイプAかBとなります。

現代人は、長時間のデスクワークや
車の運転、テレビ・携帯・パソコンなどの機器を
平気で1時間以上使い、同じ体勢でいることが多いです。

そして、ジャンクフードや欧米食
日本人に合った、本来の『食事』も変わってきていますよね。

AかBどちらかが原因ではなく
私は、両方見直し、改善しなければ
ならないと思います。


あなたは、AとBどちらに当てはまりますか?

もしくは、両方でしょうか?

みき接骨院では冷え性に効果的な
整体や鍼治療を行っていますが
食事についての健康セミナーも
開催していますpencil

ご自身の『冷え』...
冬本番を迎える前に
見直してみてくださいねeye


冷え性でお悩みの方はお電話くださいconfident

TEL: 052-893-0773

名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第2・4土曜日は健康教室開催15:00~16:30


・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^^)



投稿者 みき接骨院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
電話のバナー
お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」