症状・健康セミナー報告ブログ

2017年8月 1日 火曜日

便秘にだって鍼治療【名古屋市緑区みき接骨院】

皆様、こんにちは。

浴衣姿に夏を感じた鍼灸師、近藤です。

浴衣で歩いている人を見かけると、
もう夏だなぁと改めて実感しますね。



そんな暑い毎日でも
なりやすいのが、お腹の不調です。

以前胃もたれのブログでも書きましたが、
夏は消化器官が疲れやすいです。

胃はもちろんの事、
腸もダメージを受けます。

そうすると、そこを通って出てくる
うんちが中々出なくなる「便秘」や、
お腹が緩くなる「下痢」になります。


今回はその中でも便秘についてお話します。


便秘自体は様々な原因が考えられますが、
特に大切なのが毎日の食事です。


厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト
便秘と食事について、詳しく書かれています。


便秘には
「機能性便秘(腸管機能の異常による便秘)」
「器質性便秘(腸管の疾病による便秘)」
の2つがあります。


この内、鍼灸治療をオススメするのは
「機能性便秘」です。



機能性便秘は
①弛緩性便秘
②直腸型便秘
③痙攣性便秘

の3つに分けられます。

①弛緩性便秘
腸の動きが悪くなり、
便が貯まります。
野菜不足の方や、老化で
多く見られやすいです。

②直腸型便秘
トイレを我慢する事で
反射が起きなくなり、
出なくなります。

③痙攣性便秘
便の形が兎糞状で、
ストレスなどの
精神的なものでおこります。


便秘が進むと

腹部の不快感、
腹部膨満感、
腹痛、吐き気、

おならが臭かった。
口臭がキツイ。


なんて症状も現れます。


特に女性に多いと言われている便秘。

他にも、妊婦さんに多く見られる症状です。

何日も出ていなくて、
お腹が張った気がする。
また、お腹が痛くなってくるが、
トイレに行っても出ない...。

いつもお薬を飲んでいるが、
それでも出ない方がいらっしゃいました。


そうやってお薬を飲んでも出なかった方、
妊婦さんなども、鍼治療をした後は、
その日の内に、スッキリされました。


鍼治療では、刺激により
腸の働きを活発にさせたり、
抑制させたりする事が出来ます。



また、腸の働きだけでなく、
ストレスによる便秘も多く見られます。

ストレスにより自律神経のバランスが崩れて、
腸の働きが悪くなるので、
鍼治療でバランスを整えてあげます。

そして、大切なのは生活習慣を正す事ですhappy01

十分な睡眠時間。
栄養バランスのとれた食事。
適度な運動。


これらに鍼治療を組み合わせる事で、
快適な腸生活を送る事が出来ます。





興味がある方は、お気軽にお電話下さい。


TEL: 052-893-0773

名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第2・4土曜日は健康教室開催15:00~16:30


・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください。








投稿者 みき接骨院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
電話のバナー
お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」