症状・健康セミナー報告ブログ

2016年7月29日 金曜日

【手術せずに脊柱管狭窄症をどうやって克服したのか?】名古屋市緑区みき接骨院

こんにちは、名古屋市緑区のみき接骨院の倉です。
これは私(みき接骨院代表の倉)の父親の話です。
少しでも多くの脊柱管狭窄症の方のお役に立てばと思い、無理言って父に書いていただきました。

父に感謝いたします。

===============

【私がどうやって手術せずに脊柱管狭窄症を克服したのか?】

こんにちは、74才の男性です。
私のこの病気との今までの付き合いが、現在同病で悩んでいる方に少しでも参考になればと思い書き始めました。

初めてこの症状が現れたのは、今から7,8年前(66歳位)だと思います。
『間歇歩行』いわゆるこの病気の特徴的な症状です。

ひどいときには、杖を使っていました。
100メートルくらい歩くとしびれてきて、しゃがむとまた50メートル位歩けるを繰り返していました。
我慢をして歩いていて下肢の脱力感のため道路上でへなへなと崩れたこともありました。

●30代前半から毎年腰痛に襲われる
30代前半にぎっくり腰に襲われ、それからは、毎年のように、年に1-2回程度腰痛に襲われました。それ以来腰痛とは長い付き合いをしてきました。

素人なりの診断ですが、神経が軟骨等に触るとかその部分が炎症を起こすとかによる痛みではと思います。

原因は、悪い姿勢を一定期間とること、くわえて腹筋、背筋の衰えがそれを助長していると思われました。
60代初めには入院までしたことがありましたが、大体は、安静と時として通院(主に炎症を改善するための投薬)等で何とかその都度回復してきました。

また自己流の体操も見つけ予防や痛みを和らげることもしてきました。


●60代半ばに脊柱管狭窄症と診断
しかし、60代半ばに現れた症状は、間歇歩行だけでなく痛みを伴うようになり、さすがに安静や自分自身の工夫だけでは改善できない状態と判断し専門医を訪れました。

MRIをはじめとする検査の結果、脊柱管狭窄症の診断がくだされました。

薬や注射では、症状はなかなか改善せず日常生活に支障をきたすようにもなり、
手術を決断しました。

手術をしても『症状を100%改善する保証はできない。50-60%くらい。』ともいわれましたが、その時はそれでも「今の症状より少しでも良くなればよし」との思いで手術を決断しました。それほど症状は悪化していました。

しかし、全身麻酔による手術のため事前検査を受けたところ、手術は不可との判定を受けました。
おそらく、持病(不整脈)の影響による高リスクが予想されたものと思われます。


●体操との出会い
手術はあきらめざるを得ず、『こうなったら今までの経験も踏まえて自分でできるところまでやって改善してみよう』と思いました。

その後、マッケンジー体操を知るところとなり、健康雑誌や、インターネットで調べてみると、ある種の腰痛に改善効果があるとのことでした。

マッケンジー体操の特徴的な基本的動作はうつ伏せ状態で背中をそらせる姿勢をとることです。
一般に、腰痛の改善として背中を丸める姿勢をとることは望ましいとされていますが、その反対の背をそらせることは禁忌とされていました。

手術の道が閉ざされ、ほかに改善の方法も見当たらない状態になり、ダメもととマッケンジー体操をトライしてみる気になりました。
恐る恐る始めたところ悪化もせず、しばらく続けていたところしびれが起こるまでの歩行距離が延びまた、痛みも徐々に減少していきました。

少し自信がついて、気分的にも明るさが見えてきました。
それから腹筋と背筋を強化する体操も併せて行うようになったところ、さらに症状が改善されました。腰回り筋肉は建物を支える柱に相当するものであり、その筋力アップは腰痛者にとっては有効と思います。

その後、持病で通院している医者から、「全身麻酔手術不適判定は間違いで手術可能です。」といわれましたが、症状も改善しつつありいまさら手術に踏み切る決心はつきませんでした。

●毎朝30分間のオリジナル体操で健康維持
74歳の現在、毎朝起床直後ベッドの上で30分くらいかけてマッケンジー体操と腹筋、背筋運動などを行っています。また、オリジナルのストレッチなどの体操もあわせて行っています。

完全に間歇歩行の症状が、無くなったわけではありません。しびれは時として現れます。決して恰好はよくないですがやや腰を丸めて歩いています。こうすることによりしびれの発生を減少させることができています。

いまは、日常生活に大きな支障がありません。
これ以上状態が悪化しないようトレーニングを続けていくつもりです。

多少の痛み程度であれば安静にせず、積極的に運動、特に歩行は良いと思います。私は痛みがある時でも好きなゴルフには結構出かけました。
また、不思議なことに一定時間を超えて歩き続けるとしびれの症状が現れなくなることがあります。これは腰回りの血行が良くなることからくるものでしょうか。

脊柱管狭窄症原因は、老化現象の一つといわれています。また長年の腰痛も影響するのではないでしょうか。 
余談ですが、有名人の中にも脊柱管狭窄症の手術をした人がかなりいるようですが皆さん年配者です。

手術を決心するまでに悪化した症状にもかかわらず、医者に頼らず自分でも何とか直そうと努力したことにより日常生活を行うことができるようになったことは、何ともありがたいことと思っています。

しかし、当然ながらこれは誰にでも当てはまるものではなく、ある人にとっては手術が最適な解決策になるかもしれません。
従って、以上は、単なるこの種の患者の一例として受け取っていただければと思う次第です。


マッケンジー体操については、下記ホームページを参考にしてください。
国際マッケンジー協会日本支部ホームページ


=============================

以上が、父の書いてくれた脊柱管狭窄症の克服の話です。

みき接骨院では、脊柱管狭窄症の症状に合わせた特殊施術と、

父のしているオリジナル体操を資料を使って指導させていただいています。

脊柱管狭窄症の方の特徴は、腰の異様な硬さです。
それを取り除くための施術と体操をしていきます。

料金等はこちらのページをご覧ください。

もし、あなたやあなたの大切な方でお困りの方がいらっしゃいましたら、ご紹介くださいませ。

0528930773

「脊柱管狭窄症のブログを見て・・・」とお電話ください。






投稿者 みき接骨院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
電話のバナー
お問合せバナー
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」