症状・健康セミナー報告ブログ

2014年6月 5日 木曜日

梅雨に入っての体調管理は(むくみ編)

 

こんばんは、みき接骨院の小笠原です。

6月になり梅雨入りましたねrain



ジメジメとした天気の日が多くなるこの時期は、

体がだるくて重いと感じる事はありませんか?


梅雨は空気中の湿度が高いため、

普段ならしらずしらずのうちに肌から蒸発している水分が、

なかなか体内から出ていってくれません。


漢方では「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれるそうですが、

体に湿気が溜まると、様々な悪影響が表れます。


むくみもそのひとつのようです。


次のような症状が気になってくる人も多いのでは。

・なんとなく体が重い
・だるさが抜けない
・胃腸の調子が悪い
・やたらに眠い
・関節が痛い


むくみの原因としては・・・

・インスタント食品などの塩分のとりすぎ
(血管の外に水が染み出してしまうとイメージしてください)

・座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢で長時間いること(水が一定のところにたまってしまうイメージです。 ちなみに夕方足がむくむのは夜になると、だんだん重力で水が足のほうにたまってくるから、朝、顔がむくむのは重力で水が全身に均等に分配されるからですね。意外と単純です。)

・冷え、血行不良など

・運動不足を含む新陳代謝の低下

・ホルモンの影響
(月経が始まる前の一週間ぐらい、ホルモン濃度の関係でむくむひとが多いのです)

・ビタミン、ミネラル不足(特にカリウム、カルシウム、マグネシウムなど)

なお、女性は男性より筋肉が少ないので基礎代謝も少なく、

足から血も心臓に帰ってきにくいため、

一般的に男性よりも女性のほうが、

脚のむくみの訴えが多いということになります。
(女性の病気と言われるゆえんですね。)


まず、体内の湿気を少なくすることが大切になりますね。



次回のブログでは改善方法等のご紹介をさせていただきますね~
 
 


投稿者 みき接骨院

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー
Web予約
スマホ用の電話のバナー
詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」