みき接骨院スタッフブログ

2013年7月27日 土曜日

砂糖の食品含有量と身体に対する影響2

 
おはようございます、小笠原です。

変な天気が続く今日この頃ですね。


前々回のブログに続き「砂糖と食品についての影響」について、

書きたいと思います。


前のブログに書いたように食品には

沢山の砂糖が使われていた事はお分かりと思いますが、


砂糖の摂取量の多さによって、

身体に及ぼす様々な症状が出る事が分かっています。


「食生活といじめに関するアンケート」より。

福山、尾道市の中学生1170名を調査したものです。



砂糖摂取量が多いほど様々な症状が現れることが

このグラフでおわかりかと思います。


・寝起きが悪い
・注意散漫
・元気がない
・かんしゃくを起こす。
・ぐずぐず言う
・いらいらする
・寝つきが悪い
・医者によくかかる
・腹痛
・便秘
・食欲不振
・皮膚の感受性
・風をひきやすい
・虫歯になりやすい


などなど・・・

やはり一日砂糖摂取量30㌘以下には抑えたいですね。


次は「砂糖を分解する過程で失われるもの」

について書きたいと思います。


=======================
名古屋市緑区の「みき接骨院」
名古屋市緑区池上台2-28 ライオンビル1F
(鳴海アピタから東へ車で5分)

(月)~(土) 9:00~12:00   16:00~20:00
※土曜日は 9:00~13:00
定休日 : 水・土曜日午後 日曜祝祭日
毎月第4土曜日は健康教室開催15:00~16:30

骨盤矯正・腰痛・猫背・肉離れ
オスグッド・足・膝・外反母趾・頭痛もお任せ

052-893-0773

・「ブログを見て...」とお気軽にご連絡ください(^-^)

 
みき接骨院のオフィシャルサイト

みき接骨院のエキテン口コミページ
 
みき接骨院Facebookブックページ
 
みき接骨院のグーグルプラス



 


投稿者 みき接骨院

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー