症状・健康セミナー報告ブログ

2013年6月11日 火曜日

体操の着地で肘を脱臼骨折。手術後...

こんにちは、みき接骨院の倉です。

機械体操をされている小学5年生の女の子が
骨折の固定後のリハビリで来院されました。



5月に体操の試合中に着地で手を着いた時に
肘関節の脱臼骨折をしてしまい

その後、プレートを入れる手術
→ギプス固定4週間後、5月末に当院に来院。

来院当初は、肘関節の腫れと熱感が強く、
屈伸もほとんどできない痛々しい状態。
少し筋が骨化?してきているらしく筋の硬さも
カチカチの部分がありました。


本人も、不安でいっぱいでした。

少しでも早く、体操に復帰したいとのこと。
私に出来ることは、
脊椎を矯正することと、固まっている筋肉を柔らかくすることで、
神経と血液の流れをよくしてあげること。


一回目の施術後は、
肘が曲がっていて床につかなかった手が床につくようになって、
少しだけ動く範囲が広がりました。
カチカチだった部分も範囲が少し減っていました。


本人も顔に安心感が出てきました(^-^)


それだけの変化ですが本人にとっては、
少しの改善でもそれが、希望になります。


また、「リハビリをしっかりすれば肘は元の状態に近づくんだ」


という、プラスの感情が働き、それがより一層治りを早くします。

頑張ってリハビリして、体操に復帰しようね。


投稿者 みき接骨院

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
電話のバナー
お問合せバナー
お問合せバナー